年輪経営

年輪経営

「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者である坂本光司先生が一目も二目も置いている伊那食品工業会長の塚越さんのお話しを伺う機会がありました。

既に外部講演会は行わないという年齢77歳の会長。

社内視察も井上社長が説明しているそうですが、坂本先生同行の視察会ということで塚越会長自らがお話ししてくださいました。

会社は急成長させるものではなく、木材がゆっくり育つごとくの年輪経営で創業から2008年までは48年間連続増収増益。

高校2年から3年間肺結核を患ったことで、「何かにつけて社員の健康のことを考えてきた。健康であれば、それだけで幸せ」だと。

「いい会社にしましょう」の社是の元、社員の幸せを思い社会貢献してきたことで、「この20年間で、会社が嫌でやめたという社員は一人しかいない」と言い切ります。

「会社から直接お聞きする機会はこれが最後かも知れない」と思いながらのあっという間の感動の1時間半でした。

弊社もそんな会社に近づけて行きたいと思いました・・・・。

M2 村田光生


伊那食品工業 塚越会長


坂本光司先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「年輪経営」への1件のフィードバック