19日に坂本先生と坂本研究室で本を出版します。

4月に大学院に入学して、坂本光司(こうじ)先生と先輩、同級生と執筆した「元気印中小企業のターニングポイント、逆風を追い風に変えた企業」(税抜き1500円)を19日に静岡新聞社から出版させていただきます。

静岡新聞社と友好協定を結んでいる中国、浙江日報社からも中国語で出版されます。

中国の企業経営者の方々が元気な日本企業の経営理念を学びたいというお話が坂本先生にあり、法政大学大学院政策創造研究科、静岡サテライトキャンパスの社会人大学院生が主となって、社員がイキイキと働く中小企業17社を紹介させていただいております。

私は、依頼する会計事務所によって中小企業は結果が大きく異なる時代なので、会計事務所のほとんどの所長やスタッフが悩む大きな問題を解決して、浜松市を主に約500社の社長のターニングポイントとなった、
税理士法人 坂本&パートナーの坂本孝司(たかし)先生を紹介させていただきました。

年齢は私より後輩ですが、尊敬している先生です。
坂本孝司先生と私の師でもある、故・柴田圭造先生が高卒で60歳を過ぎてから4年生大学に進学されたのに触発されて、坂本孝司先生は東京大学大学院に進学され博士課程を修了されました。私が60歳を超えてから大学院にという流れを生んでくれたかもしれません。

坂本光司先生と研究室の本は90冊前後あります。
いずれも、
世のため人のため、日本を変える本です!

10月に出張ゼミで訪問させていただいた石坂産業さん。
本日12日に石坂社長がダイヤモンド社から「絶対絶命でも世界一愛される会社に変える!」を出版されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です