琴クンのクリスマス

野口具秋です。

八潮から小型爆撃機が襲来します。
ワイフ殿は一羽のローストチキンの
焼き上がりが気になっています。
ケーキは宅急便が間に合ったようです。到着です。
ドドドッと駆け込んできます。
早速、クリスマスの包みを抱きかかえています。
昆虫の図鑑です。
5歳になるとおもちゃではありません。
敵はやや不満か。無視する。

寒い朝から広くもない我が家の掃除に着手します。
戸や扉、それに玄関の扉、裏表を念入りに拭き掃除します。
玄関ポーチは念入りにタイルは洗剤で磨きました。
あらゆる戸の裏表は案外キツイものです。
小さなギャングがやってきます。
怪我がないように室内の危険物チェックは欠かせません。

やや薄味の味付けチキンは、
琴クンより親の方が満足気であります。
ポテトフライを次々と口にしてご機嫌の様子です。
来るごとに買い増しの宮崎駿のDVDに見入っています。
ギャングの次の関心事は、クリスマスケーキに移っています。
母親の「あとでね」の声を無視して迫ってきます。
2個、誰にも邪魔されず平らげました。

とっておきの「トムとジェリー」のDVDを
わが部屋で見せることにします。
幼いころから、情操教育が必要です。
エルビスやアラン・ジャクソンのカントリーの
Xマスソングも聴かせます。
時間をかけ聞かせ続けなければ。三つ子の魂、百までです。
後継者作りは時間が掛かる。
膝の上で大人しくTV画面を眺め、
屈託なく笑い転げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「琴クンのクリスマス」への3件のフィードバック