ふんわり和みの会、あすは福島へ

いつもありがとうございます。
日曜ジャーナルのM1.福満景子です。

早速ですが、皆さんに応援していただいているふんわり和みの会は、間もなく3年目を迎えます。今年最初は二子玉川会場でスタートし、来月は銀座会場での開催となります。

昨年3月11日に東日本大震災の被災者、特に子どもたちの支援を目的に発足して以来、各種セミナーを毎月開催してきました。有難いことに、来月は23回目を迎えますが、協賛企業も徐々に増えて参りました。


(撮影は山中研吾カメラマン)

初回から無料で会場提供してくださる株式会社坂本建設(代表取締役・坂本愼治氏)はじめ、おいしい飴を提供してくださる創業90年の老舗、有限会社大丸本舗(代表取締役・宇佐美能基氏)など、サポートしてくださる企業や団体も増えてきて、感謝の気持ちがあふれています。

昨年末は、福島県から世田谷区に招待した40組の親子にお菓子のクリスマスプレゼントを差し上げました。交流会では大人の方に実情を伺ったり、子どもたちと一緒にビーズや松ぼっくりで作品を作ったりと楽しみました。

ふんわり和みの会はどなたでも参加できます。各界で活躍している方を講師に招いてセミナー開催(参加費はすべて被災者支援の資金に)しています。支援してくださる企業やセミナーに興味のある方はご連絡くださいませ。
連絡先(ふんわり和みの会事務局)
himawari823keiko@gmail.com
メールのタイトルは【ふんわり和みの会】でお願いします。

あすは人を大切にする経営学会からの招待案件で、福島へ日帰りで行ってきます。現地の企業数社をまわるほか、福島県の実情を五感で確かめてきます。その報告はまた改めて。

それでは、きょうも
ハッピースマイルをあなたに。
ご縁に感謝を込めて。
M1.福満景子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ふんわり和みの会、あすは福島へ」への2件のフィードバック