よく働き、よく学び、そしてよく遊ぶ

M2 の 瀬賀孝子 です。

 私は人生の「第3ステージ」を生きている。
 週の前半は、新潟市で仕事をし友人達と遊ぶ生活。後半は大学院で学び
そして東京在住の友人達と遊ぶ生活。
 人生の第3ステージに入ってからは「遊ぶこと」に重心が傾いてきているよ
うだ。

 さんざん働いて来た! と思う。(新幹線のごとく走り続けている坂本教授から
みたら、まだまだ不充分かもしれないが……)
 男女雇用機会均等法以前、まだ女性が働くことが一般的ではなかった時代。
心無い男性達の言葉やセクハラと戦い、家庭では夫といさかいをし、息子には
「うちのお母さんはよそのお母さんと違う」と批判された。まさに男たちと戦う
人生だった。
これからはゆっくりペースで、地域に役立つ仕事をしたいと願っている。

 「学ぶこと」 は一生続けることだ。よく学んできたと思う。もちろん独学で。
やっと時間的な余裕ができて、こうして大学院で学ぶことが出来るようになった。

 遊ぶ・・・・・・長く一所懸命に仕事をしてきたおかげで友人が多くなった。だが
ある時ふと思った。誰が友人で誰が友人のふりをしているのか?
自分にパワーがあるときは、人が欲しいというなら与えることが苦にはなら
なかった。夫が亡くなり気落ちしてパワーダウンしたら、私から何かをむしり
取ろうと近づいてくる人と相対するのが苦痛になった。
 新潟をしばらく離れよう…..と思い東京で暮らす時間を多くした。頼み事は
出来るだけ「NO」というようにした。そうしたらどんどん人が離れていく。そう
して今まだ交流が続いている人達が「友人」だ。少しずつ友人の葬式も増えて
きているのが辛いが、友人達と質の良い「遊び」をしたい。

 今日の遊びは「ババ会」--長い期間一緒に「新潟の女性の地位向上」の
ために戦ってきたフェミニスト達と年に4~5回おこなっているホームパーティだ。
自分の食べたい物と飲みたい物を持ち寄り「美味しい会話」を愉しむ。
 最高齢は83才。先ごろ夫を亡くしたばかり。一番若いのが55才。3月で定年
を待たず退職して「自由な生活」に入る。
今夜は「ご愁傷さま」と「おめでとう」が行き交い盛り上がりそうだ。飲み過ぎな
いように注意! 注意!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「よく働き、よく学び、そしてよく遊ぶ」への1件のフィードバック