「第3回人を大切にする学会TV」

いつも坂本ゼミブログをご覧いただき、ありがとうございます。
先日、人を大切にする学会TVに、第3回のゲストとして、この学会会員でもある青葉総合法律事務所の弁護士、山田勝彦(やまだまさひこ)さんをお迎えしました。

「いつでも何でも気軽に相談できるような、町医者ならぬ、町弁護士でいたい」と語る山田さん。なぜ弁護士を志したか、普段どんな仕事をメインでしているか、弁護士として経営者をサポートするとはどういうことか、今後の目標は何かなど、45分にわたって貴重な話を伺いました。

親しみやすい笑顔で話される、その温かな人柄とともに、昨秋設立した「人を大切にする経営者をサポートする弁護士ネットワーク」への思いが、視聴された方にはしっかり伝わったかと思います。異色ともいえる経営者と弁護士の連携は、山田さん自身の体験がもとになっていました。

「いざという時、闘うための弁護士ではなく、闘う前に人を大切にする、人に愛される経営をしよう。」と訴えました。大学生の時、ポールニューマンの映画「評決」を観て、弁護士になろうと決めた山田さん。
言葉の端々に、揺るぎない正義感を感じました。

学会TVは『日本でいちばん大切にしたい会社』を提唱している坂本光司先生が代表を務める「人を大切にする学会」の会員向けに配信しています。人を大切にする思いのある方なら、どなたでも入会可能ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。過去の配信もアーカイブでご覧になれますよ。http://www.htk-gakkai.org/%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B/

それでは、充実した日曜日をお過ごしください。(福満景子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「「第3回人を大切にする学会TV」」への1件のフィードバック

  1. 福満さん
    私の師匠に故・飯塚毅先生が税理士は町医者スタイルでないといけないと言っていました。
    今日ではお客様の意向も聴き、適切なアドバイスを信念を持って言い切ることが士業には必要だと思います。
    知野 進一郎