いざ鎌倉!

先日、初夏を思わせるような良い天気に、あるミッションを遂行するために
鎌倉へ行ってきました。

鎌倉駅に朝9時過ぎに着いたのですが、もう修学旅行の学生がたくさんいて
自分も中学生の時に来たことを思い出しました。

訪問目的地は鎌倉駅から徒歩で15分くらい、散歩がてら歩くにはちょうど良いと
プラプラと歩いて向かいましたが、思った以上の日差しにより目的地に到着したころには、
すっかり汗をかいていました。


古民家を再利用した鎌倉投信さんは緑に囲まれた素敵なところでした。

今回の訪問は時の人、鎌倉投信株式会社 取締役資産運用部長 新井和宏氏にお会いすることでした。

私はNHKのプロフェッショナルが放送になる前に新井氏の著書、投資は「きれいごと」で成功するを読んで、
その内容に共感し、すぐにアポのお願いをしていたのです。

お会いしてざっくばらんに色々とお話させて頂き、新井さんたちが目指しているものは、坂本先生が命懸けでやられていることを金融の分野で実現する事であると再認識しました。そしてそれは私も社業を通して同じように実現したいと考えていることがあり、現在それをどう具体化することが出来るのか模索中であると相談させて頂きました。

鎌倉投信にとって受益者(投資者)はお客様ではなく、ビジネスパートナーであるという考え。
そして、経営理念の中に、その受益者がしっかりと内在され、理念の一部になっていること、投資リターンをお金だけではないという事をきちんと説明し理解してもらう事の大切さなど、質問一つ一つにしっかりと真摯にわかり易く答えて頂き新井さんのお人柄の良さがありがたかったです。

現在、やりたいこととやれることのギャップに悩んでいたので、良いアドバイスを頂きとても有意義な機会となりました。

一通りお話を伺った後に、いよいよ今回訪問の重大ミッションである我がゼミの「日本でいちばん大切にしたい会社」が分かる100の指標を新井さんに直接お渡ししました。

新井さんから「購入しようと思っていました、ぜひ読ませて頂き、また何冊か購入させて頂きます。」と
嬉しいお言葉を・・・


「日本でいちばん大切にしたい会社」が分かる100の指標をお渡ししてきました。

図々しくもそれぞれの本を持って記念撮影して頂きました。

今回面談をさせて頂き、やはりいちばん感じたのは、坂本先生の偉大さとその影響力の大きさでした。
こうして先生の下に学ぶ者同志初めてお会いしたという感覚は無く、スグに打ち解け共通言語で話せたことなど、なんか出来の良い親戚に久しぶりに会ったような不思議な感覚があり、時間が経つのもあっという間でした。
古民家の雰囲気からして、なんかおばあちゃん家に遊びに来たような感覚があり、新緑の木々に鶯の鳴き声など本当に心から癒されました。(笑)

しかし、鎌倉には、メーカーズシャツ鎌倉、面白法人カヤック、パタゴニアなど企業理念が明確でユニークないい会社が多いと思いませんか?

なぜ鎌倉なのか、それにはそれぞれの企業が鎌倉にする明確な意思があると新井さんは仰っていました。

また、最近はカマコンバレーと呼ばれ、IT企業が集まりつつもあるようで、これから注目のユニークな会社も出てくる気配があります。

今、企業視察に行くなら、いざ鎌倉ですね。

M2 西森よしひと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「いざ鎌倉!」への1件のフィードバック