ATMこんの

M2 瀬賀孝子 です。

 坂本ゼミで講演された(株)こんの紺野社長のお話しやお人柄が
忘れられない。
社員の人間的成長を願う紺野社長の「本気度」がひしひしと伝わって
きた。

 あの手この手で社員の成長のための方法をこうじている。
  「業務で社員を叱ったことはない。マナーが悪いと足で蹴るくらいに
   気で怒る」
というところでは、笑いながらも涙がこぼれそうになった。
 ご縁があって自分の会社の社員となった人に「世間で通用する常識
を身につけ、ちゃんと社会で生きていけるように」と願う紺野社長の
「本気」に感激した。

 また、ご本人がATM(明るく、楽しく、前向き)で、そのATMが社員に
伝播していく様子も推察された。
 社名を”株)ATMこんの”改称するか、ご自分の通称をATMこんの”
にするといいのに……と、お聴きしながら思った。

 職場であれ、企業であれ、国家であれ、リーダーはATMであるべきだ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ATMこんの」への1件のフィードバック