家族愛が社会を変える

いつもありがとうございます、金曜日担当の西森です。

株式会社トライフと言う会社をご存知ですか?
株式会社トライフの手島大輔社長は坂本先生も応援されていて、昨年坂本ゼミにも見学に来られていました。
先日参加したソーシャルプロダクツ普及推進協会の定例会に講師として招かれていて、また色々と熱い思いを聴き、ぜひ応援したいと思い紹介させてもらいます。

手島社長の事業は昨年坂本ゼミにいらしてから社会的に認められる機会が増え、
横浜ビジネスグランプリ2014で最優秀賞、ジャパンベンチャーアワード2015で経済産業大臣賞、
ソーシャルプロダクツアワード2015でも生活者審査員賞と続けて受賞し社会から大きな期待をされているソーシャルビジネスです。
そのトライフの素晴らしさとは?

まずは、その商品力です。
株式会社トライフの主力商品オーラルピースは、九州大学等と研究開発した
植物由来の乳酸菌による天然抗菌性を利用した、乳幼児から高齢者までが安心して使える、
飲み込んでも安全なオーガニック口腔ケア製品なんです。

この製品開発のきっかけは、手島社長の実父が、がん治療により口の中にたくさんの口内炎ができて苦しんで
いるところを目の当たりにし、また高齢者は歯みがき時に誤って飲んでしまい誤飲性肺炎で亡くなる
ケースが多いと知ったからだと言います。
目の前で苦しんでいる父親やお年寄りをなんとかしてあげたいと言う気持ちがこの商品を生んだと言っても過言
ではありません。

<我が家でも使っています。>

そして、さらに株式会社トライフの素晴らしいのは、そのビジネスモデルです。

このオーラルピースは全国の障がい者の仕事と収入を創出するために、流通加工作業や配達、販売業務を
障がい者の就労施設に委託し、障がい者の継続的な収入確保を実現するビジネスモデルとして確立を目指して
います。
このビジネスモデルを考えたのも、手島社長のお子さんに障がいがあることがわかり、それによって、
将来自分の子供がどうなるのか、また親が亡くなった後の障がい児がどう一人で生きていくのかと言う問題に
心を痛め、その解決に真剣に取り組んだ結果であると言えます。

手島さんのこのオーラルピース事業は
親を思う子の気持ち、そして子を思う親の気持ちと言う手島社長自身の家族愛から生まれたが、
それが障がい者の仕事創出や社会参加を実現し、人や地球に優しい商品として高齢者の健康、障がい者の経済的自立の実現に挑戦していると言えます。
オーラルピースをぜひ応援したいですね。http://oralpeace.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「家族愛が社会を変える」への1件のフィードバック