中小企業論3

坂本先生の中小企業論は、昨日の講義を含めあと2回。
昨日は、住宅産業、外食産業、医療・福祉産業、情報産業など44社が坂本先生より紹介されました。

ココ壱番屋創業者宗次徳二氏の壮絶な生い立ちのほか、ここでは書けない意味深い情報提供がされました。
さらに総務庁統計局で5年に1回実施される住宅土地基本調査からのデータを活用した、関係者にとっては非常に有意義な資料も開示~解説されました。
(資料下記)

昨日の坂本先生語録をご紹介します。
・企業は人次第、特に経営者次第
・経営の真髄は人を幸せにすること
・変化には2種類ある、それは一次的変化と構造的変化である
・短観ではなく歴史観で判断する
・病院経営の課題は解決可能、何故ならそれは人為的問題だから
・10億円の市場が欲しければ、1億円のニッチ市場を10個持てばいい

充実の本講義も来週が最終回。坂本先生の著書『経営者の手帳』の100の言葉から50を厳選し、先生から直接解説をしていただけます。有難い・・・。

今日一日、皆さまにとりまして、素晴らしい一日になりますように・・・。

春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「中小企業論3」への1件のフィードバック