【奇跡のピアニストに感動】

【奇跡のピアニストに感動】

彼には2020年の東京オリンピックで日本代表として世界をつなぐピアノを奏でで欲しい。

ジストニアという原因不明の難病をご存知でしょうか。突然、筋肉が萎縮し動かなくなるジストニアを発症し、両手合わせて7本しか指が動かない NY在住のピアニストGohei Nishikawa(西川悟平)さんに会ってきました。

15歳から志して音大に入学、 ニューヨークで有望されていた時に医師から「一生ピアノは弾けない」との宣告を受けました。その時の絶望感がどれほどのものだったか。死も考えたそうです。

諦めることなく、リハビリを続けて2年で曲を弾けるようになった悟平さん。7本指で奏でる温かく、力強いピアノと、悟平さんが起こしてきた数々の奇跡を聞いていると、あふれる涙をこらえることができませんでした。

感動が嵐のように押し寄せて、今もその温かく、力強い演奏が耳の奥で響いています。私自身も、さらに、さらに、期待値を越える、人に感動を与える仕事をしていきたいと決意を新たにしました。それでは、きょうも健やかにお過ごしください。(福満景子)

坂本光司教授 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「【奇跡のピアニストに感動】」への2件のフィードバック

  1. 福満さん
    おはようございます!
    人は諦めなければ思いが実現し、その後姿で人が感動する。
    そう思うと自分はなんんも努力していないことに気が付かされます。
    がんばらなきゃ・・・・。