「おにぎり弁当」

                                 劇団水曜日  名古屋の「まさ」です

 6月26日金曜日、名古屋から南東に車で2時間のところにある西浦温泉に行きました。
 セミナーがあり約50人で「吉慶」という観光ホテルで宿泊しました。
 5階建ての中規模のホテルで支配人は60代後半、仲居さんも70代で全員高齢者でしたが、従業員の暖かさに感激しました。
 翌日、大学の講義に出席するため宿を5時に立たなければいけなかったので、だめもとで「5時に朝食は無理ですよね?」と聞きました。
 「うーん、それは無理ですが、おにぎり弁当ならご用意できます。」と言われました。
 翌朝、フロントに行くと包みが用意してあり、それは手作りの梅干のおにぎり三つとサラダ、佃煮、漬物でした。
 風邪気味で体調を崩していましたが、親切なもてなしで心も身体も温かくなりました。
 支配人はじめ従業員の方に快く見送っていただけました。
 昨今、外国の観光客が日本に来て日本人の「おもてなし」に感動すると聞きました。細やかな気配りや相手を思いやる気持ちが私たち日本人には自然と身についていると感じます。

これからも心配りのできる日本人であってほしいと願います。
                 
                                            M2 後藤 吉正(よしまさ)
    
次回は 劇団水曜日のダンディな黒崎さんの公演です  お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「「おにぎり弁当」」への1件のフィードバック

  1. 後藤さん
    おいしそうなおにぎり!
    読んで、ほっこり心がぬくもりました
    本田佳世子