宝生能楽堂で初めての能体験。



皆さんは、能をご覧になったことがありますか。今年の自分のテーマを「和」と掲げていることもあり、能楽師の武田宗典さん、友志さんからご招待を受けたのをきっかけに、能を観てきました。実は能を観るのは初体験。ドキドキでした。

始まるとすぐお話(内容説明)があり、それが分かりやすく、おかげで最初から肩の力を抜いて観劇できました。今回の能は、武田宗典さんがシテをつとめる「弱法師」、小早川泰輝さんシテの「百萬」、佐川勝貴さんシテで武田友志さんが後見をつとめる「安達原」の3本、野村萬斎さんシテの狂言も含め、13時から17時半まで4時間半があっという間でした。ちなみに、シテとは主役、後見とは舞台上のサポート役で、シテやワキの代役を務める役割のことです。今回初めて知りました。

神聖な舞台の、なんとも言えない空気感や舞や謡いの緩急・抑揚、笛・鼓の響きにうっとり。通ってしまいそうです。

さて、きのう、きょう2日続けてあたたかいですね。どうか穏やかな1日をお過ごしください。(福満景子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「宝生能楽堂で初めての能体験。」への1件のフィードバック