日本でいちばん社員のやる気が上がる会社

劇団水曜日の黒崎です。

坂本先生とゼミ生で執筆した書籍「日本でいちばん社員のやる気が上がる会社」が3/7刊行となりました。

小予算でも社員の満足を高める福利厚生のベストプラクティス(優良事例)が満載で、多くの企業経営者や
人事担当者、そして就活中の学生にも読んでいただきたい本とすることが出来ました。

私自身、入学から早丸2年となりますが、多くのいい会社を見てきて気付いたことがあります。
それは、いい会社の経営者は社員が満足する状況を見ると、さらに喜ぶ顔が見たいとプラスのスパイラルに
入って行くということです。

例えば、福利厚生の事例では、社員の誕生日に本人にプレゼントすることから始まり、次は社員の家族、
そして究極はご先祖様へのご供物と拡がって行くのです。

いい会社はますます良くなり、そうでない会社との差は開く一方となるのは自明ですね。

ちくま新書から発刊されたこの新書が多くの人々を幸せに導く一助となることを願いっています。

ところで、私が劇団水曜日としてこのブログに投稿するのは本日が最後となりそうです。
先日も、「劇団水曜日」ですねとお声掛けいただき嬉しく思いました。
残念ながら?まだ卒業しませんので、今後ともよろしくお願いします。

M2 黒崎由行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本でいちばん社員のやる気が上がる会社」への1件のフィードバック