モリスさん

大賞に推薦したいが、社員数が少ないから。
そんな不安を消す企業がこの会社と8名の会社、2社が表彰された。
希望が湧く。
今回の社員数がいちばん少ない7名の会社一般社団法人モリスさん。
障がい者の方が21名働いている。

静岡産ヒノキ・スギを使用した様々な木工製品を、障がいのある方たちと一緒に制作・販売することを通して、森林保全などの社会貢献を、障がい者であっても出来る事を認識させた上で職業訓練、就労移行、コミュニケーション能力の向上等を含めた生活支援、また、一般企業就労後のサポートと実施し、利用者が自律した日常生活を送れるよう様々な支援を実施しています。

実行委員会特別賞
一般社団法人モリス
静岡県静岡市
経営者・代表理事 清水光弘
主事業:障がい者就労支援施設の運営 
従業員数:7名

創業・設立:2009年

受賞理由
 1)働きたい障がい者をすべて受け入れる
 2)利用者(4月で)は40名、精神・知的・身体・難病者
 3)全利用者に最低賃金以上を支払う
 4)7年間で5名の利用者から40名に
 5)創業のきっかけは自身の山の事故での障がい
 6)販売の仕事をしたい障がい者のためにコンビニ開店(常時4名)

森林療法から木工を通じて障害がい者の自立支援に取り組む中、障がい者支援団体としては日本で初めてコンビニエンスストアの運営を始め、障がい者の職域を拡大した。店舗には健常者が1人勤務し、それ以外はすべて障がい者で運営している。ユニホームを着て働きたいという障がい者の夢を叶えた。

法政大学大学院、坂本光司ゼミ生の木製ブレート(名札)もモリスさんで創っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。