第6回 「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」

第6回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」表彰式 (2016年3月23日)

経済産業大臣賞:サトーホールディングス  電子プリンター
厚生労働大臣賞:エイチエスエー       福祉タクシー

加藤勝信内閣府特命大臣、田中優子法政大学総長が参加。

投資家・根本が推薦したのは金融業の巣鴨信用金庫。

金融では異色のホスピタリティを掲げ、不道徳な振込み詐欺と毎日格闘中。

実行委員会特別賞を受賞しました。

巣鴨信金の倉持靖専務理事と記念写真。

基調講演はニチイの創業者・西端春枝さん95歳。「どう働き、どう生きる」

彼女は、浄土真宗大谷派の勝光寺の長女として生まれ、現在は大阪の浄信寺の副住職である。

「お寺にも来てね」と挨拶いただいたので、思わず握手を求めた。

なんと、その握力の強さはプロレスラー級だ、その瞬間、”剛たれ”というイメージを受けた。

彼女が毎度する講話。

80年前、彼女が13歳での大谷学園入学時、左藤義詮校長(後の大阪府知事)の講話。

法事で、ある家を訪問すると玄関の扁額に「みてござる」とひらかなで書いてあった。

家の亡き主人が13歳で尋常小学校を卒業し、貧しさから丁稚奉公のために両親と別れる前の晩。

母子は眠ることなく布団を涙で濡らし語り合いました。

母親は買えないお守りの代わりに、手のひらに「みてござる」と書いてくれたそうです。

丁稚生活が苦しく、淀川に身を投げようとしたとき、

青年期に成功し商売上の誘惑で深入りしそうになったとき、

両親が見ていてくれる実感から、人生を踏み外すことはなかった。

我慢も出来たし、誇りも保てた。

彼の臨終に際し遺言となり、「みてござる」は家訓として子孫に残った。

真の教育は家族の中にある。

                     修士2年  根本幸治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です