留学卒業生の王玲さん中国へ

法政大学院 坂本光司ゼミ 修士2年 根本幸治

王玲さん、
坂本ゼミで最も若くアイドル的存在である彼女が、卒業して中国へ帰る。

2年前、法政大学院の科目履修で彼女のプレゼンを聞いた。
「私の朝寝坊を解消する方法について」
国際貢献の緊急課題プレゼンが続いた後の、なんとも微笑ましいプレゼン。

送別会として在校生の崔さんと共に日中関係を初めて大いに語る。
いつもは日常の食いしん坊な話しかしないのに。

今回はアイドル論から結婚観、そして政治、歴史、文化について
彼女が大いに語った。

家庭に縛られたくないから結婚には消極的
ーなるほど

社会主義は行き詰まっていない、これからいよいよ発展する。
ーなるほど

中国は平和主義であり領土に野心はない
ーなるほど

中国国内で国家主席の悪口をいっても逮捕されない
ーなるほど

ダライラマが悪いのではない。チベット独立運動が悪い
ーなるほど

国際的かつ女性(楊貴妃)が輝いていた唐の時代が好き
ーなるほど

中国人は自己主張がうるさい、他人を褒めない、女性軽視が強い
ーなるほど

ゴキブリは退治できるけど、幽霊は怖い
ーなるほど

愛すべき王ちゃん先輩、 また語り合いましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「留学卒業生の王玲さん中国へ」への1件のフィードバック