妖精の羽

坂本ゼミで各班ごとに企業研究プレゼンを行いました。わがC班は福島県伊達郡川俣町の齋栄織物株式会社を取り上げました。

30代の齋藤栄太常務は世界一軽いシルクを開発しようという夢を抱き、17名の社員が一丸となって夢の実現に挑戦しました。

開発中、震災や原発事故に遭いながらも、遂に世界一軽い絹織物フェアリー・ウェザー(妖精の羽)は完成しました。
2012年、第4回ものづくり日本大賞にて内閣総理大臣賞とグッド・デザイン賞をダブル受賞しました。

フェアリー・ウェザーは夢織物です。

挑戦する勇気をもらいました、感謝。
M2 本田 佳世子

                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「妖精の羽」への1件のフィードバック