見ると聞くとでは

野口具秋です。

わが沿線の企業では是が非でも行かざるを得ません。
印刷屋に身を投じ、倒産の憂き目。
後楽園の野球観戦で隣り合わせたご縁で薬問屋に職を得る。
薬剤師ではないが、乞われて調剤薬局を開く。
爾来、コツコツ28年間で28店の主だ。
20年前に聞いた教授の講演で、人本経営に発奮したのだそうです。
今ある姿が夢のようと、
パルオネストの齋藤社長は嬉しそうに語りかけます。

社福の障がい者施設・ともいき会は3千坪の規模にも及びます。
玄関を入ったロビーの天井の高さ、
天井の高さに切られた明かり窓から陽光が。
ガラス超しに目に入るガーデンの景色が穏やかゆったりを演出。
広大な全館がそうです。
私財を投げ打ち11億円が投じられました。
元気にはしゃぐ子供の声に「煩い!」。心ない年寄りに
辛抱強く語りかける理事長大野さんの優しさに心沁みます。

この時代、珍しい同乗記があります。
滝川さんの2ドア車に乗ったらMT車だった。
米国で車泥棒がMT車で運転ができず、
あえなく御用になった笑い話がありました。
日本のAT普及率は、米国の約90%を上回る世界一なのです。
手品のような見事なギヤ捌きで、不敵な笑みを浮かべ
「これでしか運転できないの」
交差点を一気に加速しました。すっ飛びサーキットレディーです。

年2回の幼なガキ同士の呑み会は新宿区役所通りがスタートです。
組抗争のメッカ、目前の居酒屋からです。
ほかに知らないので何時ものここにしました。
西口・小便横丁(思い出横丁)中ほどの
101歳の看板娘のいる店を覗く。いません。半年前に亡くなった。
僕の小さな歴史が一つ消えた。
清水さんが行きつけの「取って置き」に案内すると、期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「見ると聞くとでは」への1件のフィードバック

  1. 野口さん
    パルオネストさんの情報提供、ありがとうございます!
    すっ飛びサーキットレディーですか、
    いつも楽しそうですね。
    本田 佳世子