人のやさしさは、涙の量に比例する!

人のやさしさは、涙の量に比例する!

坂本光司先生の口からよく出る言葉の一つが「人のやさしさは、涙の量に比例する」

坂本先生の著「経営者の手帳」で、次のような解説をしています。

企業が求めている人財は、知識やノウハウ、あるいはテクニックの保有ではなく、組織の仲間のことを思いやれる利他の心を持った人である。。

物質的にはほぼ満たされた今日、やさしさこそが、社会がいちばん望んでいるからだ。

こうした人財になるためのいちばんよい方法は、心やさしい利他の心をもって人生を生きている人々の言動に真摯に学ぶこと。

それとともに、心洗われる書物を意識的に読んだり、利他の心あふれる場所に出かけてみたりする。

そして恥ずることはない。人の苦しみ、悲しみ、喜びに触れ、涙することだ。

私の経験からいれば、人のはやさしさは涙の量に比例するのだから・・・・・・・。

まだまだ、先生のようにはなれませんが、人の苦しみや悲しみに少しでも寄り添うことができる人間なれるよう、自分の心磨きをし続けていきます。

村田光生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人のやさしさは、涙の量に比例する!」への1件のフィードバック