28日(木)22時からのカンブリア宮殿に「石坂産業」さんが登場

昨日のカンブリア宮殿の「シェア金沢」さん、何度か涙をし学んだ。

次週、放送されるこの人ほど、酷い目になった人はいないと思う。
お腹に赤ちゃんがいた女性だから乗り越えたと思う。

今でも人気番組が1999年2月1日にダイオキシン報道をした。

その2年前に地元の一部がデータをねつ造して反対したのが発端のようだ。

借金を返済していない10数億を超す投資をした工場を取り壊した。

苦しかったと思う。
悔しかったと思う。
何ども強くなる涙を流したと思う。

住民のデータ捏造から20年が経過しようとしている。

今は地域住民から感謝されている。

一昨年に法政大学大学院 坂本光司教授とゼミ生で訪問した。
教授から「障がい者雇用」と「新卒採用」をすればもっと人に優しい会社になると言われた。
実現している。

教授が「ディズニーランド」と言われた。
それも拍車をかけたようだ。

28日(木)22時からテレビ東京系列の「カンプリア宮殿」に「石坂産業」さんが登場する。
番組のHPから。

産廃業からリサイクル企業へ大変身!

~絶体絶命から会社を変えた2代目女社長の格闘記~石坂産業 社長 石坂 典子(いしざか のりこ)

「この地域から出て行け!」…かつて産廃業者として、住民から反対運動が巻き起こった埼玉県の石坂産業。

そんな存続の危機にあった会社を父親から受け継ぎ、改革に乗り出したのは、当時30歳の女性だった。

社長に就任した石坂は、半年で社員の4割が辞めていく劇的な改革を断行し、地域の迷惑施設と言われた会社を日本屈指のリサイクル企業に生まれ変わらせたのだ。

そして、本社の隣に里山を保全する公園まで作り上げ、地元に愛される会社に育ててきた。

父親の思いを胸に、企業を劇的に変えた女性社長の格闘の裏側に迫る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です