青葉仁会

法政大大学院 坂本光司ゼミ 修士2年 根本幸治

青葉仁会(あおはにかい)とは、私の故郷の奈良にある社会福祉法人。


あおはにの家
知的障害の方々が個人としての自由を尊重される入所施設。
訪問すると、ブルーベリー園から一人の男性が飛び出し笑顔でハグしてくれました。
大きな声をあげる人たちにも違和感を感じません。お風呂が快適そう。
ここには、「働きたい」という人がたくさんいます。
だから、働ける事業を並行して運営し、(株)モンベルとも連携しています。


ハーブクラブ
山奥の中にあるのに年間通じて大勢のお客様でいつもいっぱいのレストラン。
ガスではなく薪で火をとる大きな石窯でピザが焼きあがります。
そのレシピは利用者の方が提供したもので、オンリーワンの味を提供してくれます。
スペアリブ、カレー、ピザがおいしい。また来たくなる味でありログハウスの空間。
障がい者の方が作り、顧客対応もし、休日は顧客として愛犬とランチを楽しんでいます。


クラムボン
阪奈道路にあるカフェ&ベーカリー
ここでも働く障がい者の方々の笑顔に気持ちよくなります。
焼き立てパンがかご盛りです。
ランチは前菜・主菜で野菜やタンドリーチキンを味わえます。
あまり知られていませんが建物裏には一般に貸し出されるDVD映画館が圧巻です。


デリカテッセン イーハトーヴ ソラ
帝塚山の地域住民から品質重視の商品が支持されています。
世界にひとつだけのカレー全品(レトルトパウチ食品)が買えます。
珍しい良品がスタッフに選ばれて店頭に並びます。
小中学校や養護学校からの社会見学も受け入れます。
Soraカフェで野菜たっぷり手作りランチを楽しめます。

木工
陶芸
クラフト
紙すき
自然学校
セントラルキッチン

青葉仁会理事長の榊原典俊さん
元特別支援学校教員なので福祉活動の必要性を痛切に感じています。
奈良の枕詞「あをによし」をヒントに名付けました。
障がいを持っていても居場所があり必要とされ認められるのは当たり前のこと。
生まれてきた全ての人が成長し変化する。それを「生き生きとした人生」と呼びましょう。
行くところがないなら創ろう、それが青葉仁会。

青葉仁会施設長の中谷徳明さん
これだけの事業の陣頭指揮をふる若きリーダー。
彼の落ち着きある優しさと挑戦を怖がらない強さ。
奈良にもこんなリーダーがいるのかと嬉しくなる。
仕事を終え帰路に車で1時間半。スタッフは自分以上に疲れているだろうと気にかかる。
ここまで多様な事業所を持つ社会福祉法人は他にない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「青葉仁会」への1件のフィードバック