あと40名で満員です。

人を大切にする経営学会」の会員の皆様を主にご案内しています。

・今朝17日現在の申込状況です。
全体はあと40名です。企業見学会と合わせて取引先・仕入先企業、銀行員の方、社員の皆様にもお誘いいただき、
昨年と同様に300名を満員にして、人を大切にする集まりに来て良かった。と感じて仲間を増やしていただけるようにご協力をいただけますようよろしくお願いいたします。

全体260名 あと40名で満員です。

前日26日(金)の3社の企業見学会 各定員30名
企業見学会のみの参加もできます。

・サトーホールディングスさん キャンセル待ちです。
・藍工房・アンシェーヌ藍さん  18名余裕があります。
 14時から18時 食事代込み8000円
・武蔵境自動車教習所さん   15名余裕があります。
 15時から17時 3000円

人を大切にする経営学会第3回総会・全国大会開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人を大切にする経営学会第3回総会・全国大会開催についてご案内いたします。

■開催概要■

日時 2016年8月26日(金) 企業見学会
      8月27日(土)13:00〜19:10
 8月28日(日) 9:30〜13:00
場所 駒澤大学 深沢キャンパス
   〒158-0081 東京都世田谷区深沢6-8-18 

テーマ 人を大切にする経営が日本を創生する

内容
8月26日(金)企業見学会 
       ・Factory藍(旧藍工房)/アンシェーヌ藍
       ・サトーホールディングス株式会社
       ・株式会社武蔵境自動車教習所

8月27日(土)年次総会・開会式・特別記念講演
       人を大切にする経営実践企業事例発表・懇親会

8月28日(日)分科会研究発表・総括
       閉会式

定員は300名で、参加申込み締切は、8月23日(火)です。
ウェブサイトのお申込フォームもしくはFAXからお申込みいただけます。
https://www.form-answer.com/applications/MEA3X

詳細につきましては添付のプログラムをご覧ください。

企業見学会には定員がございます。
皆さまからのお早目のお申込みをお待ちいたしております。

直近の学会のメルマガの巻頭言です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にわとりが先か?卵が先か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                
                 人を大切にする経営学会 理事 渡辺 良機
                    東海バネ工業株式会社 代表取締役

昭和9年の創業以来、単品の手づくり一筋のわが社。
「よくまぁこんなしんどい事やって来たなぁ」と思う事は数えたら
きりありません。
数多い“しんどい事”の中でも人件費には頭を痛めました。

普通の人雇い入れて「そろそろ自分でバネ触って見たら」と言えるまでには
3年から5年、ベテランにくっついて“修行”させなければなりません。
所謂OJTで。
即戦力なんてわが社の場合はありません。じっくり育ってくれるのを待つばかりです。
創業者から引き継いだ31年前は「損はせんけど儲からん」状態でしたから、
たっぷりの給料、賞与は夢のまた夢。
「儲けなならん!」「どうして儲けるの?」の自問自答の毎日でした。

「職人遊ばせないように少々利益が少なくても注文とるか」とガツガツして
低価格品目掛けて突進したこともありました。
ゲットした低価格品を「必要以上に手間掛けんとね」と流しても、そこは職人、
念入りに、丁寧に手づくりして工数オーバー。
のみならず、「しっかり頼むよ」と仰る大事なユーザーからの受注品の納期も
ガタガタになり、泣きっ面に蜂を味わいました。

そこで思い切って“トレードオフ”に切り替えです。
東海バネとして、やる事、やらない事を明確にしました。
職人達がよろこぶバネ、「手間の掛る」「むづかしい」「手づくりに適した」
バネだけに向かう事にしました。
とは言え、ベクトルを一致するのは簡単ではありません。目の色を変えて
必死のパッチで舵取りしました。

私の「覚悟と情熱」が全社員の「信頼と共有」に繋がったのか、しばらくすると、
職人達だけでなく、全社員の目の色も変化し不思議な位、明るい風が吹きだしました。
更に、「単品・手づくり」で生きて行く為にと思い切って導入し、30数年かけて
ブラッシュアップ、バージョンアップを繰り返し、「究極」と自負できるレベルに
至った「多品種微量受注精算システム」がIT活用の事例として数々の賞を頂き、
「便利なバネ屋が有ったのか」と単品でお困りの方々の解決の貢献が出来、
その事が「損はせんけど儲からん」から「高収益」へと会社を大きく変貌させました。
元々「会社は社員のためにある」がモットーのわが社ですから、高収益には
高報酬で報います。

私が30年社長を務めて得た多くの確信の一つに「給料上げたら会社は
良くなる!」があります。
その話をしますと「私もそうしたいと思うけど、現況ではそう出来ないんだよ」
と仰る方が多いんです。
さらに「ニワトリが先か、卵が先かなんだけど…」とも。

給料上げられる利益確保が先か、給料上げると利益が上がるのか、
正にニワトリか卵かの話になります。
私はこう考えます。
腕組しながら「どっちかな」と考えるだけでは、ニワトリも卵も
どちらも失ってしまうと。
利益なら利益でも構わないから本気で給料をアップできる利益確保に没頭する。
社員のモチベーションをアップして収益を改善するなら、少しは無理してでも
リスクに踏み込んで給料を上げる。
最悪なのは、腕組して考え込んで漂ってしまう事、だと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です