最高の営業は「営業をしないこと」である

恩師、坂本光司先生のお話しは特に経営者の心に響く言葉が多いです。

下記の言葉も正にその通りなので、一日も早く光輝く社員を育成するような環境作りをしなくてはと心から思っています。

その中の一つ、

「最高の営業は営業をしないことである」

それは、お客様に尊敬され、信頼される、社会価値お高い経営を日頃から行うことであり、お客様が会いたくなる誠実なやさしい社員を確保、育成することである。

お客様が交通費を支払ったまで、わざわざ企業に来てくれるような経営を実現するのだ。

そのためにも、企業の担い手である社員を光り輝かせ、お客様が支援してくれるような社員を育てることが大切なである。

坂本光司著「経営者の手帳」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「最高の営業は「営業をしないこと」である」への1件のフィードバック