私がお父さん役で、彼女がお母さん役

昔は2~3年で社員が辞めた。
今は社員の退職がなく安定している。

私、社長の心構えが変わった?

それもあるが、伊佐治順子取締役が入社してから。

私、彼女が?

私がお父さん役で、彼女がお母さん役、社員の相談ごとを聞いてくれる。

法政大学大学大学院、坂本光司教授の経営者の手帳等の坂本語録にもないようだ。

的を射ている。
日本でいちばん大切にしたい会社大賞受賞企業では、アクロクエストテクノロジーさん、びわこホームさん、さくら住宅さんが、会長、社長。社長、NO2だ。

私、女性のNO.2は社長になる器がある傾向が高い?

女性社長は、お父さん役とお母さん役、二役を持っている可能性が高い。

質量共に発展している会計事務所には陰、影の所長と言われる女性がいる。
S会計事務所の〇〇さん、H会計事務所の〇〇さん、T会計事務所の〇〇さんが代表的だろう。

会計事務所の所長の奥様が勤務している場合も多い。
最終、お金の決定権者は奥様の場合が多い。提案をする時は奥様にも聞こえる大きな声で所長に話した。

オバさんは女子から見ると禁句だ。奥様がいるのにオバさんと言い、出入り禁止になった会計事務所の事例もある。

女の子もレッドカード。女性社員が〇。

私と会話したのは、年は私より若い、大学院の同級生の西森義人さん、名古屋と東京の広告代理店の社長だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です