教授の名門「ハノイ工業大学」での講演

法政大学大学院、坂本光司教授とゼミ生と数名のゼミ生ではないがゼミ生の同志の社長の計13名が教授とベトナムへ。

教授の名門「ハノイ工業大学」での講演、参加者も聞いた。

教授、毎日、必ず見ているものがある。ヤプログの「法政大学大学院 坂本光司研究室」のブログだ。
ヤプログを毎日、Facebookページの「法政大学大学院 坂本光司研究室」へコピペしているのが、村田光生先輩だ。

未来世紀ジパングのベトナム編の2回目。

日本ーベトナム 1万円時代到来!
バニラエアベトナム1万円ベトナムで大人気
今年9月、日本とベトナムをつなぐ新たな路線がスタートした。格安航空会社バニラエアーが初就航、その値段は驚きの片道1万円。
新幹線の東京・名古屋間より安いのだ。ターゲットは日本からの観光客だけではない、いまベトナムの人たちの生活水準が上がり、海外旅行に目が向いているという。

さらに、食にも異変が…ホーチミンでは日本人が経営するこだわりのピザ店が大ブーム。なかなか予約が取れない状態だという。

ベトナムを含む東南アジアは日本の昭和30年~50年代だろうか。
高度成長期へ向かって急成長している。

今回は、先日の坂本ゼミでご挨拶していただいた静岡県三島市の南富士の杉山定久会長が色々段取りをしていただいている、感謝したい。
同社のHPを見ていただくと東南アジアの国々に人材を人財にすることにも貢献しているのが分かる。
写真は、村田先輩が1週間ほど前にアツプしていた静岡市から見た富士山も掲載する。海外での富士山もいいものだ。

写真のピザをホテルに持ち込むのは瀬戸ゼミ長だろうか。
ベトナムのダナン市には栃木県那須市の救缶鳥が世界にも広がりつつある「パンのアキモト」で修行したお弟子さんが経営する「ゴチパン」がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です