最終の試験の願書締め切りは12月23日だ。坂本教授を含め、政策創造研究科の締め切りだ

法政大学大学院 坂本光司教授と13名のゼミ生等がベトナム視察から夕べ、帰国した。
深夜だったので、坂本教授は東京泊で、ご自宅の静岡県焼津市に帰宅し、夕方、講演のためにまた東京。

代わりに、昨日、ホーチミンへ飛び立った埼玉県の山元証Yサポート社長がいる。
来年4月に坂本ゼミに入学する予定だ。予定というのは、入学試験があるからだ。世のため人のための気持ちが高いので合格は間違いなしだろう。
私の3年前の試験は、大学院に入学したら何を研究したいかの2000字程度のレポートと坂本教授を含めて3名の教授との30分の面接。
入学後分かったことだが、「名古屋から、東京や静岡(静岡キャンパスもある)から通学するのは大変なので脱落するが(君は大丈夫なのかい)」」と嫌がらせ役(笑い)教授が私の場合にはいた。

以下、山元社長の夕べの投稿だ。三田会は慶応大学出身者や在学生の会で陸の王者慶応は無数にあるだろう。

夜便で、ホーチミンへ(27日まで)
ラウンジで軽食を取って機内では寝て行きます??

今回の目的は3つあります
1.26日夜ニッコーサイゴンで開催されるアジア三田会に三田倶楽部国際交流委員会メンバーとして合流する事
200名以上のアジア各地の三田会メンバーが集結します

2.日系、台湾系の良い加工メーカーを見てくる
ブレス、金型、インサート成形、ダイカスト、切削、マシニング加工、塗装、鍍金。。と現地の知り合いに紹介して貰い出来る限り見学して来ます

3.ホーチミンの大学ベトナム語コースに留学している友人に会う
定年後、留学している友人から最新ベトナム情報を仕入れて来ます

では、行って来ま〜す✈️

坂本教授、69歳半年。再来年の3月に定年退職で法政大学大学院の教授を辞められる。
来年、4月の入学生は最後のゼミ生で、2年履修が基本なので、残り1年は他の教授の指導となる。3年、4年履修も選択できる。
私は入学後、3か月で元をとったと思った。サラリーマン生活や独立した社長、後継者等の経験があるので大学院の学びは革命が訪れたような気づきがある。
中でも、主婦の女子学生の通学は大変だと思う。家族の夕食を用意して通学。男子女子とも家族の支えが必要で学生自身、感謝している

最終の試験の願書締め切りは12月23日だ。坂本教授を含め、政策創造研究科の締め切りだ。
法政には、他にイノベーションマネジメント科がある。共に、JR静岡駅から徒歩10分のペガサートの7階に静岡サテライトキャンパスがある。
授業は、土曜日は9時30分からゼミ修了時刻の18時10分(坂本ゼミは人数が65名いるので大学院の教室ではなく大学の校舎なので徒歩10分遅く始まる)まで。
平日は、18時30分から21時40分まで。
年間、4回に分かれ、各々、8回の授業となる8回で24時間。

私の場合は愛知県で自宅から名古屋駅まで50分かかるので、1年生と2年生の間は水曜日か木曜日のどちらかを半年分、受講した。
東京の授業は2つの授業を金曜日に受講し東京に宿泊し、土曜日(3/4を受講)の授業とゼミを受講した。
今年の3年はゼミと修士論文の作成。2年でも充分に卒業できる。

坂本ゼミの場合は、夏2回と春1回の合宿=泊まり込みの企業視察の他、年間あちこちで企業視察が行われる。
坂本教授に学べるのは1年間だけとなるので、可能な限り参加したい。

URL、「受験生の皆様へ」を参照て欲しい。試験日程の右半分は博士課程。
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=109&agent=9&partner=BIGLOBE&name=%CB%A1%C0%AF%C2%E7%B3%D8%C2%E7%B3%D8%B1%A1%C0%AF%BA%F6%C1%CF%C2%A4%B8%A6%B5%E6%B2%CA&lang=euc&prop=500&bypass=3&dispconfig=&tblattr=1&req_q=%CB%A1%C0%AF%C2%E7%B3%D8%C2%E7%B3%D8%B1%A1+%C0%AF%BA%F6%C1%CF%C2%A4%B8%A6%B5%E6%B2%CA&pdtype=

坂本ゼミの視察も事前に申し込んでいただけれは無料で参加できる。
12月3日、17日、24日、15時10分から18時20分まで。申し込みはゼミ生か「法政大学大学院 坂本光司研究室」のfacebookページのコメントで連絡していただきたい。

写真はゼミ生のベトナムからの投稿の写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です