中小企業に大学生が入らない訳!

リクルートワークス研究所が発表している「ワークス大卒求人倍率調査」はネットで入手することができます。

2018年3月卒業の従業員規模別求人倍率は下記の通り。

300人未満・・・・・・6.45倍
300~ 999人・・・・1.45倍
1000~4999人・・1.02倍
5000人以上・・・・・0.39倍

300人未満の求人数は42.6万人と前年より1.6万人増加していますが、民間企業就職希望者は6.6万人と前年よりも3.3万人減少となっている。

この調査結果をみると中小企業が大学生を採用しようと思っても、魅力ない企業には大学生は採用できないということになります。

本年度の就職ガイダンスを見ても学生が座らないので時間を持て余している企業が結構ありましたが、この状態が当たり前の時代になったのは間違いありません。

村田光生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です