NHK総合 2017年5月21日(日) 午後9時00分~9時59分

発達障害~解明される未知の世界~

NHK総合 2017年5月21日(日) 午後9時00分~9時59分

小中学生の15人に1人と言われる「発達障害」。
これまで、主に社会性やコミュニケーションに問題がある障害として知られてきたが、最新の脳科学研究や当事者への聞き取りにより、生まれつき、独特の「世界の見え方・聞こえ方」をしているケースが多いことがわかってきた。
多くの人にとっては何でもない日常空間が、耐えられないほどまぶしく見えたり、小さな物音が大音量に聞こえてパニックになったり。その独特の感覚・認知が、実は、社会不適応につながる原因のひとつになっていたのだ。

この世界を解き明かし、周囲が理解することで、発達障害の当事者の生きづらさは軽減。
さらに「新たな能力」を引き出すことにもつながると、世界の教育・ビジネスの現場が注目している。
身体障害と違い、「見えにくい障害」と言われる発達障害。番組では、当事者の感覚・認知の世界を映像化。
これまで誰にも言えなかった、わかってもらえなかった当事者の思いを生放送で発信する。
周囲から「空気が読めない、つきあいづらい人」などと誤解されてきた行動の裏にある「本当の理由」を知ったとき、あなたの常識が大きく変わる。

HPには簡単な動画がある。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170521

昨年2月のネツト記事、
東大は「東京アスペ大学」と呼ばれても仕方がない――。
東京大学の大学院に在籍していたという男性が寄せたこんな趣旨のツイートが、ネットで波紋を広げている。
彼によれば、東大生の25%に「発達障害の疑いがある」というのだ。
(発達障がいの一つの)アスペルガー症候群(アスペ)は自閉症の一種で、他人とのコミュニケーションや周りの空気を読むことを苦手とする一方で、高い集中力や優れた記憶力を持つ例も多いといわれる。

ショパンを始め芸能人の一部にも素晴らしい人がいるという。
当人が「しめた、やった!」と思ったり、「そうだったのか、我が子、天才か」とプラス思考をすれば明るい未来がある。
採用側もパソコン等には強い傾向があるので、彼、彼女が能(脳)力を生かせる環境を創って欲しい。

生まれつき等、原因は他にあると思うのはマイナス思考だ。
経営者が立地が悪い、業種・業態、政治が悪い等と他人のせいにしていると同様だ。
マイナス思考はドツボになるだけだ。
プラス思考が日本を救う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です