地方の心意気

今週は14日~16日、関係する会社の役員合宿で札幌へ行ってきました。北海道は大学進学前まで住んでいた土地ですが、離れて40年、大いに進化していることを実感しました。

40年前、北海道で採れるお米は、美味しいとは言えませんでした。本州以南で採れたお米を内地米と呼び、普段食べているお米より一段高い位置にありました。

今回、地元の流通業者の方から話をお聞きしました。以前、北海道の酒に使われる原料の米は、本州産がほとんどでした。近年、北海道でも日本酒の原料となる「酒造好適米」が開発され、10を超える酒蔵が、個性ある日本酒作りに取り組まれているとのことでした。

実際に何種類かを試飲させてもらいましたが、いずれも、味わい深い逸品でした。地方創生が唱えられて暫く経ちますが、開発機関~生産者~製造者~流通業者が、情熱を傾け取り組んでいる成果を肌と味覚で感じた今週でした。

今日も皆さまにとって、素晴らしい一日になりますように。

早朝の中島公園

春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です