社員とその家族を大切にする経営を中国でも実行されている経営者が増えている

26日金曜日に法政大学大学院で中国全土から来日した25名の経営者に、坂本光司教授が講演をされた。
社員とその家族を大切にする経営を中国でも実行されている経営者が増えている。

この講演では指摘しなかったが、中国では大企業は稲盛経営、中小企業経営は坂本教授と言う流れがあるようだ。来日時に、丁稚として同意しているとはいえ、女子までも丸坊主になる会社を視察しているがもっと違う会社を視察してはどうかと話されている。
JALの再建も大量の社員とその家族を露頭に迷わせたと指摘する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です