アポロガス+柏屋の『日本のいい会社』コラボ

坂本光司教授とゼミ仲間で書いた「日本のいい会社」に福島県内から載ったアポロガスさんと柏屋さん。ご本をきっかけに、2社コラボのお饅頭ができるとか! 楽しみ!

ある日のアポロガスの朝礼、新入社員研修として外国人の生の話を聞く研修を行いました。篠木社長が半分冗談で「海外では福島県内に人が住んでいないと思ってる人がいっぱいいたりするんですか?」と質問したところ、「はい、います!」と真顔で言われました。

福島県内の面積の3%が避難区域になっていて、97%は普通の生活を取り戻してきている現状でも 「福島の私たちが普通に生活してる=日常は、ニュースになり得ない。津波と原発爆発の映像のまま、時間が止まっている海外の人に、本当の今の福島を伝えるためにどうすればいいか?」という問題意識が生じました。

その1つのソリューションが、プラスイメージのニュースで、本当の今の福島を上書きしていくこと。その信念を具現化したのが、「アポロガス+柏屋の『日本のいい会社』コラボレーション、「チャレンジ まんじゅう プロジェクト」です。

アポロガス社長から「新入社員に何かやらせてください。」と、柏屋社長へ打診し 本名社長が快諾した「薄皮饅頭の新しい食べ方を見つける企画」です。

アポロガスの新入社員4名が、生ハムを使った「生ハム饅頭」、ミニバーガーのような「薄皮饅頭スライザー」など斬新なアイデアを発表。柏屋社長は「饅頭とは思えない」「これは美味しい」と太鼓判。

坂本教授のご本に感銘したことがきっかけで法政大学に入り、さらに教授のご本でアポロガスさんを知って入社した伊藤さやかさんも新入社員の一人として金・銀饅頭を発案。オリンピックにぴったり!


店頭に並んだら、いただきますね。新入社員のやる気、人を幸せにしたい優しい気持ちに、力を頂きました、感謝。
M3 本田佳世子

http://www.gurutto-koriyama.com/detail/newsdetail_388_38676.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です