お世話になっています山元証さんの御本

法政大学大学大学 坂本光司ゼミに入る前から悪友だった、埼玉県草加市の山元証さんが先月、本を出した。
坂本教授もおすすめの本だ。

フルートの名手の宮川悦子さんの投稿を紹介する。

お世話になっています山元証さんの御本♫

最初のページから衝撃的でした。
証さんとお仕事をさせていただくと、いつも言葉の端々に相手を思いやるフレーズをいただいたり、周りの全ての人に対する愛が溢れるご対応で
共演の方たちともなんと素敵な方なのかしらね と 言い合うくらい。いつも温かい気持ちになります。

その愛溢れるご対応は、こんなご苦労があってこそなのかということがヒシヒシと伝わる御本でした。

以前拝読させていただきましたアジアの御本とは違って真面目ですから。とおっしゃておられましたが、
そんな事ありませんでした!!(とても良い意味で!!)
お話をお聞きしているような速さでサクサクと読めて
ここでも読み手への愛を感じる文章でした!

私、最初のページのお話を読んだ後は、パッと開いたところから読むのが好きで、その後もう一度頭から読み直すのですが、 そのパッと開いたページが、「肥溜めにアレが落っこちてそれを口に。。」の所だった事は冒頭の衝撃よりも衝撃的だったかもしれませんーー!!

まだ全部読めておらずですが、もうすぐ読み終わってしまいます!!
妹にも勧めよう♬と思います!!

町工場の宮沢賢治になりたい 。

https://www.amazon.co.jp/dp/4904380622/ref=cm_sw_r_cp_api_tmxfzbFWJ8XXC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です