NHKスペシャル 2夜連続での再放送をお薦めする

相当、変化しているようだ。
NHKスペシャル 
2夜連続での再放送をお薦めする。
深夜なので録画予約をお薦めしたい。

プラス思考の番組だ。夫婦で家族で見たい。
会社でも役に立つ。

1.子どもの中には25歳まで思春期(反抗期)があるようだ。

2.男は解決策をアドバイスしようとするが、
女性社員に限らず、女性は解決策を考えているか、聴いて欲しい、分かって欲しいは変わっていない。

ニッポンの家族が非常事態!?
第1集 わが子がキレる本当のワケ
再放送
NHK総合 6月14日(水)午前0時10分~0時59分(本日13日深夜)

「母親たちが子育てに苦しむ本当の理由は、人類の進化にある」というメッセージで大反響を呼んだNHKスペシャル「ママたちが非常事態!?」(2016年1・3月放送)が、新たなニッポンの家族の問題に最新科学で斬り込む!
今回は、思春期の子どもたちの暴走と、急増する離婚の深層に、2夜連続で迫る。

第1集のテーマは「思春期の異変」。
可愛かったわが子が急に反抗的になり、親を戸惑わせる思春期だが、最近子どもたちに“うつ”や自殺、いじめなどが増加し、社会問題になっている。
その原因を最新科学で探ると、意外にも人類が進化の過程で獲得した「特別な仕組み」が深く関わっていることが分かってきた。
厄介に思える思春期の問題行動だが、人間が高度に脳を発達させる上で、極めて重要な意味を持っていたのだ。
しかし現代では子どもを取り巻く社会環境が急速に変化し、思春期特有の脳の働きが子どもたちを追い詰めていることが明らかに。
インターネットなどが思春期の子どもに与える思わぬ影響にも、科学的な実験を交えて迫っていく。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170610

第2集 妻が夫にキレる本当のワケ
再放送
NHK総合 6月15日(木)午前1時~1時49分(14日深夜)

ニッポンの家族の問題に最新科学で迫る「ニッポンの家族が非常事態!?」。
第2集のテーマは「夫婦の危機」。
いまや3組に1組、時間にすれば2分に1組のペースで離婚が成立している。
その多くが妻からの申し出によるものだ。

最大の理由は、「夫が妻の気持ちを理解しない」こと。
妻は夫に日々ストレスを感じ、夫はそれに気づいていない。
自分で選んだはずの相手なのに、理解し合えないのはなぜなのか。
最新の研究から、妻が夫にキレるのは「男女の脳の違い」による“人類進化の必然”であることが分かってきた。

共感力・コミュニケーション力・記憶力といった夫婦関係を左右する能力について、脳科学の観点から男女の違いを明らかにする。
さらに、女性の社会参加が進んだことや、育児に積極的に参加する“イクメン”の増加がそれぞれの性ホルモンに影響を与えていることも分かってきた。
お互いの違いを理解したうえで、どうすれば夫婦の絆を強められるのか、最新科学で斬り込む。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170611

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です