BSジャパンでは翌週の23日(金)18時から放映される

6月13日に放映されたガイアの夜明け
BSジャパンでは翌週の23日(金)18時から放映される。

依然としてJAの巨大組織の設けになっていて、お店、消費者に高い商品を買わしている。

外国と提携して崩す可能性もあるかもしれない。

テレビ東京の挑戦も引き続き期待したい。

再び、巨大”規制”に挑む!
「ガイアの夜明け」15周年企画「ニッポン転換のとき」第三弾〜「バター不足」さらなる闇〜
ある地方の、ケーキ店。ふんだんに使った「国産バター」が作り出す、上質な風味が人気だ。
今、その「国産バター」が思うように調達できず、一部を輸入品に頼っているという。
ところがその輸入品、品質の割に価格が高く、バター作りは困難を極めていた…。

スーパーには商品が並び、”バター不足”は解消されたようにも思えるが、消費者の目が届かないところでは依然、深刻な問題として影を落としている。
そしてそこにはやはり、バターをめぐる巨大な”規制”の存在が絡んでいた…。

2016年11月に放送した「巨大”規制”に挑む!〜明かされるバター不足の闇〜」では問題の一端を描き、それに立ち向かう人たちの挑戦を追った。
今回は、「ガイアの夜明け」15周年の通年企画「ニッポン転換のとき」第三弾として、さらなる”規制”の存在を明らかにしつつ、もう一歩、バターの”闇”に切り込む。

とあるスーパーの牛乳売り場。日本の牛乳はいま、大きな転換点を迎えようとしていた
日本国内の「規制」を飛び越えた経営をしたいという酪農家を訪ねてきた、海外の男たち。彼らが考えていたのは、意外なビジネスだった
巨大組織「農協」がからむ“規制”と決別し、自由な酪農経営を求めて挑戦を続ける若き酪農家。いよいよ、その一歩を踏み出そうとしていたが、予想外の出来事が…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です