6月28日(水)午前0時00分~(27日(火)深夜)

可能性が広がるようだ。

NHKBS1 ドキュメンタリー
初回放送:2017年6月28日(水)午前0時00分~(27日(火)深夜)
再放送:2017年7月5日(水)午後5時00分~

自らもダウン症の息子を持つ女優・サリーが、出生前診断の結果を受けて中絶を選ぶ女性が多いことに疑問を感じ、医師や制度の問題点を探りながら社会の多様性を訴える。

出生前診断の精度が上がった結果、イギリスではダウン症の子どもが生まれる確率が高い場合、90%の女性が中絶を選ぶ時代になっている。
番組のプレゼンターであるサリーは女優で脚本家。
11歳になる息子のオリーはダウン症だ。
サリーは、自分の実感としてオリーがいることに幸福を感じているにもかかわらず、世の中はダウン症を排除する方向に向かっているのではないか?
明るく前向きなサリーが当事者たちに体当たり取材する。

原題:A World Without Down’s Syndrome?制作:Dragonfly Film & Television(イギリス 2016年)

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/index.html?pid=170628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です