札幌市の富士メガネ

メガネ
合っていますか?

法政大学大学院、坂本光司研究室、坂本先生と有志のゼミ生と行った、札幌市の富士メガネ。

テレビに出た松下幸之助のメガネが合っていないと創業者が手紙を出して、幸之助がメガネを作ったお店です。現在は三代目です。

三人のタクシーの運転手さんに聞くと、値段は高いけれど良いメガネとのこと。
運転手さんが知らない素晴らしいことを行っています。

そんな会社なので、店員さんはお客様を包みこむような素敵な応対をされます。
坂本先生とゼミ生を見送った翌日、富士メガネでメガネを作りました。数種類の検査を40分行いました。

結果、使用していた数千円のメガネは、�やや度が強いこと、�フィッティングがきつく頭に悪影響があることが分かりました。

同級生から9800円のメガネは買うなと言われましたが、笑い、2本で何万円を買いました。
メガネができるまでの80分、近くの店でビールと海鮮丼。

実は、1883年から海外難民支援で、137,220組のメガネを贈っているのです。
毎年、ベテランの社員を主に10日間の有給休暇を使ってい海外に行って、合ったものを贈っているのです。

札幌市に行った時は、通称、すすきの、狸小路本店、011-231-7151。
北海道が主です。西の方は、東京駅から10分の東京大手町ビル店、03-3214-4751が便利だと思います。

3年前の投稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です