出光佐三、働く人の資本主義

そうか2つ共、2年前の投稿か。一つにする。

出光佐三、働く人の資本主義。

伊那食品工業の塚越寛会長の教科書。

1969年に刊行され一昨年、新版として刊行された。多分、塚越会長に会うので再度、初かき氷を楽しみながら、読んだと思う。

法政大学大学院の坂本光司ゼミで人数限定で塚越会長とお会いできる機会があった。
私はお会いしているので、対象外だが、写真に掲載されている、昨年亡くなった服部さんの自宅に行き、自宅まで送ること。
服部さん、重度の内部障がいで少しぐらい体調が悪くても私の車で送迎しろという坂本教授の命令だった。
体調は良かったが、お盆で帰りは時間がかかった。行きは早く着いたので同社の喫茶店に入ったら塚越会長と会い、服部さんが感激していた。同社を立つ時には、なぜ、坂本教授が塚越会長と会えと行ったか分かっと涙を流していた。

その後、有志で菓匠SHIMIZさんへ行った。ラッキー、清水社長・シェフとお会いできた^_^

佐三の本、勇気づけられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です