愛知県半田市のけいた君、堀井啓太さんが世界移植者大会で銅メダルを獲得した

3年前から2年前に地域のお母さんが主となり、全国から2億円が集まり、アメリカで心臓の移植手術をした、愛知県半田市のけいた君、堀井啓太さんが世界移植者大会で銅メダルを獲得した。
夕べ、TVでも紹介された。

なぜ、アメリカで移植しなければならないかの課題はあるが、母性心からと思うがお母さんのパワーは凄い。
不治の病でも、諦めないで^_^
医療もかなり進化している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です