坂本教授、最後の授業。

坂本教授、最後の授業。

「坂本 光司」法政大学大学院教授、70歳で来年の3月に退官となる。

教授の授業を受講したい方には、最後のチャンスだ。
新産業創出論、私が1年生の時の資料、A3版で3センチ近くの資料、バインダーに折って、8回の18時30分から21時40分までの授業、自宅からバス、地下鉄で名古屋駅、名古屋駅から静岡駅までひかりで1時間、静岡サテライトキャンパスまで10分、帰りは日付変更線を超え、地下鉄の駅からタクシー。

坂本教授の授業でいちばんやりがいがあると思う。
ルーペと行、列を間違えないように定規が必要だ。
いい加減な気持ちで参加される方は御断りだ。理由は一人、勘違いか入力ミスをしたら正しい統計が出来ない。

確か台風と2回ぶつかり、延期や補講もあった。

新しい創造、考え方が努力をした以上に成果として出る。効率を求めてはならない。数字の一つ一つを集中力を持って入力する心構えと3度は見直す、心構えは必要だ。

春の中小企業論の受講者が主になる。静岡も東京も優秀な受講者だ。
政治家、行政のトップが受講すれば、適切な政策ができる。社会起業家は取るべき道を発見できる。

秋学期のⅢ期(9月16日~11月10日)の火曜日は法政大学大学院 静岡サテライトキャンパス(JR静岡駅から徒歩10分)で
金曜日は東京の法政大学で、「新産業創出論」がある。時間は18時30分から21時40分まで。
8月21日から28日が申し込み、締め切りだ
下記、URLを参照し疑問点は事務局に問い合わせをし準備をして欲しい。

坂本教授の授業で最もやり甲斐があり気づきがある講義だ。

2017年度 科目等履修生募集のお知らせ(秋学期:8/21~8/28締切)
2017年度政策創造研究科 科目等履修生
秋学期募集のお知らせ
法政大学大学院政策創造研究科では、2017年度秋学期科目等履修生を募集いたします。

http://chiikizukuri.gr.jp/blog/2017/06/21/2017_821828/

他の教授の授業も受講できる。
坂本教授は退官するが、法政大学大学院政策創造研究科は永遠だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です