愛知県の業者8年間で1612件、1億1700万円の水増し請求も

昨日の朝日新聞の記事。
愛知県の業者8年間で1612件、1億1700万円の水増し請求も。
東京都内の寝具業者も酷い。

医師診断前の保険適用判断なぜできる? 装具不正請求
沢伸也、月舘彩子
2017年8月19日20時22分

 健康保険から作製費が支払われる治療用装具を装って、安眠枕やオーダーメイド靴を不正に作っていた事例が相次いで発覚した。
「自分にあった枕を作れます」「おしゃれなデザインの靴、贈り物にも」。装具業者のチラシやホームページには、そんな文句が躍っていた。
治療用装具、不正請求相次ぐ
 「あなたは真面目に枕を選んだことがありますか? 枕えらびの基本は、素材、高さ、形、大きさ、耐久性のチェックです」

大きな文字で書かれたチラシが、名古屋市内の整形外科医院に置かれていた。
「オーダーメイドで製作する」「担当義肢装具士が採寸します」と続き、最後に「詳しくは院長または看護師までお尋ねください」とあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です