8月22日(月)今日は法政大学大学院 坂本 光司ゼミの夏合宿、視察、第1弾、長野県のスタート

8月22日(月)今日は法政大学大学院 坂本 光司ゼミの夏合宿、視察、第1弾、長野県のスタート。
お昼過ぎに長野駅に集合する。

バスで須坂市の「オリオン機械」さんへ訪問する。
経営方針
長期経営方針
世界No.1製品の開発に挑戦
Meeting the Challenge of Creating “World’s No.1 Products”

経営理念
1.差別のない信頼の経営
2.一級の社会人と一級の製品づくり
3.全員経営と衆知の結集
Our Basic Management Objectives
1.Reliable mamagememt without discrimination
2.Perfection of the individual and products
3.Management gathering wisdom from all company staff

経営三原則(行動指針)
1.誠実さと旺盛な責任感
2.緻密な神経と旺盛な独創力
3.精鋭主義と旺盛な闘志

1年生の合宿委員が念入りな資料をゼミ内メールで何回か送った。
同社のHP、資料を見ると「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の候補企業かもしれない。

バスで長野市の「アールエフ」さんへ移動する。
HPから、丸山 次郎社長

長野県上田市に生まれる。小学3年生のときに出会った3本足のトランジスタに感動し、真空管ラジオを作る。
中学に入ると無線機を作り、高専時代には真空管式白黒テレビを学生寮で生産。近くの電気屋さんに販売を委託。
大学入学後は学生仲間を集め、テレビの修理業を始める。
下宿先のおばさんを拝み倒して電話番号を借り、大学の印刷機でチラシを作って学生修理業を旗揚げ。

卒業後、大手コンピューターメーカーの研究所を経て、東南アジアを拠点にフリーの技術コンサルタントとして活躍。
1993年、マイクロ波(無線)技術と小型CCDカメラを融合した製品を主に研究開発型企業として創業。
1998年、株式会社アールエフを設立。同年、日系アメリカ人歯科医の熱い要望を受け、歯科用ワイヤレス口腔内カメラ(世界初)を開発。
これをきっかけに医療業界に参入。2001年、世界初の無線電力伝送方式によるバッテリーレスカプセル内視鏡開発に成功。
2006年、“人に優しい”を軸に、低価格(市場価格の1/5)・高性能・低被爆のデジタルレントゲンセンサーを開発し、レントゲン分野に進出。
2011年には3D画像の歯科用X線CT、2013年に産業用CT、2016年には卓上型の産業用CTなど、斬新な発想で次々と新製品開発を進め、世に送り出している。

坂本教授の「日本でいちばん大切にしたい会社」2で紹介されている。

視察後は、バスで伊那市へ移動。
着いたら懇親会。

明日は、「伊那食品工業」さん。朝掃除から。

私は長野県の旧・更埴市、現・千曲市の出身。
故郷はいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です