NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」


NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」

8月26日(土)午前0時50分から2時3分までの再放送がある。

無駄と言われたが強行し、作戦が失敗に終わった後の方が食料等がないし病気になり死んだ人が多かった。

上は責任を他人に押しつけ、責任はとらない。

死ぬのは兵隊。

太平洋戦争の敗戦の理由を縮小したような番組だ。

日本人の恥部は今日でも残っている。

番組のHPから。
相手の戦力や兵站を軽視した無謀な戦いで甚大な死傷者を出し、旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。
「援蒋ルート」の遮断を主目的とし、ミャンマー(当時ビルマ)からイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパールの攻略を目指した日本軍は、この作戦で歴史的敗北を喫した。

餓死・戦病死した日本兵の死屍累々が並んだ道が「白骨街道」と呼ばれるほど凄惨な戦いの実態はどのようなものだったのか。
これまでインドとミャンマーの国境地帯は戦後長く未踏の地だったが、今回、両政府との長年の交渉の末に現地取材が可能となった。

さらに、新たに見つかった一次資料や作戦を指揮した将官の肉声テープなどから「陸軍史上最悪」とされる作戦の全貌が浮かび上がってきた。
数々のスクープ映像と新資料、証言からなる「インパール作戦」の全記録は、決して忘却してはならない悲劇の記憶を、未来へと継承していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です