論文研修~アポロガスさん

 先日、福島市に伺った折り、アポロガスの篠木雄司社長より、新卒社員への研修の一環として論文研修があると伺い、社員に論文を書かせてその思考力を磨く、素晴らしい取組だと思いました。

アポロガスさんは、日経トップリーダー人づくり大賞優秀賞(2016年)を受賞するくらい、篠木社長の人財育成にかける情熱は前々より存じ上げていましたので、論文研修と聞いて、アポロガスさんならさもありなんと納得しました。

社長は元々東邦銀行ご出身で、人財育成の基礎は東邦銀行時代に学ばれたそうです。その経験を自社の人財育成に応用されていると思われます。

アポロガスさんの新人研修は論文研修も含め120の課題があるといいますから、新入社員は相当きつく大変だとは思いますが、こなした後にはきっと成長されていると思います。

今年3月の「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」特別賞を受賞されたアポロガスさんは、表彰式で、壇上に新入社員4名を登壇させましたが、すでにあそこから新人研修は始まっていたんですね。法政大学から入社した伊藤さやかさんも、4月から懸命に新人研修をこなされたことと思います。9月の坂本ゼミの合宿でアポロガスさんに伺いますが、あの4名の方々の成長ぶりを拝見できるのが楽しみでなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です