ナビゲーションスペシャル「身近に危機が!“異常豪雨”」

明日、1日金曜日、NHK午後7時30分~ 午後8時43分

ナビゲーションスペシャル「身近に危機が!“異常豪雨”」

東海4県と北陸3県の放送。

私は、東海豪雨も経験した。

今年も1か月間で1時間100ミリ、10センチの豪雨も3回経験した。

自宅出た時は降り始め、国道41号線、30センチの水、水没するアンダーパスは避けた。

番組HPから。
東海北陸地方を繰り返し襲う“異常豪雨”。2011年の台風12号では三重県で死者を出し、80人の命が奪われた。突然の豪雨は、予測が難しく対応が遅れがちだ。番組では異常豪雨を徹底分析。早い段階で予測するための研究や身を守るための避難の仕方など、私たちの命や暮らしを守るための最前線の取り組みを紹介する。

静岡大学防災総合センター教授…牛山素行,三重大学教授…立花義裕,タレント・岐阜県出身…鈴木ちなみ,小山径,岡田沙也加,山崎淑行

東海豪雨をネットから。

2000年9月7日頃から本州付近に前線が停滞しており、11日から12日にかけて、台風14号の東側を回る暖湿気流が前線に向かって流れ込んだため、前線の活動が活発となり、愛知、三重、岐阜県の東海地方を中心に記録的な大雨となった。 11日夕方ごろから、名古屋市をはじめとする東海地方を中心とした広範囲にわたり大きな被害をもたらし、2日間の積算降水量は多いところで600ミリ前後に上った。

名古屋市では11日の日降水量が、平年の9月の月降水量の2倍となる428ミリとなり、2日間の合計降水量が567ミリに達した。愛知県東海市では11日の午後7時までの1時間に114mm、日降水量492mmを記録した。

このため、名古屋市周辺で多数の浸水被害が生じたほか、中部地方太平洋側の広い範囲で浸水、河道護岸の損壊、崖崩れ、土石流などによる災害が発生した。この災害により、愛知県名古屋市、一宮市、春日井市、西春日井郡師勝町(現・北名古屋市)・西春町(現・北名古屋市)・清洲町(現・清須市)・西枇杷島町(現・清須市)・新川町(現・清須市)・豊山町、豊明市、半田市、刈谷市、大府市、岩倉市、東海市、知多郡美浜町・東浦町、海部郡甚目寺町(現・あま市)・大治町、北設楽郡稲武町(現・豊田市)、岐阜県恵那郡上矢作町(現・恵那市)の21市町に災害救助法が適用された。

名古屋市周辺で最も浸水被害が激しかったのは、天白区野並地区で、天白川とその支流の藤川の堤防に囲まれた堤内地が水面より遥かに低い地形だったため、行き場を失った雨水が集中し、ポンプ場から天白川に排水した水が、そのまま藤川の支流の郷下川(ごうしたがわ)を逆流して、再度野並地区に流入するという悪循環を繰り返し、やがて地区の住宅の1階は完全に水没し、住居内での溺死者も発生した。ポンプ場も浸水して機能停止したため、水が引くまでに相当の時間を要することとなった。

一方、元々旧市街地を洪水から守る庄内川放流路としての新川洗堰の向こう側に広がった名古屋市内の庄内川水系新川では、長さ100メートルにわたる破堤があったほか、愛知県内で少なくとも10か所で破堤し、名古屋市中川区下之一色町では、洗堰での分流にもかかわらず庄内川が堤防高を超えて溢水するなど、各地で多数の越流があった。下之一色町三角地区のうち、県道の橋より南側にある集落は浸水により居住不能となり消滅した。

この結果、新川流域(名古屋市西区山田地区、清須市(当時の西春日井郡西枇杷島町・新川町など))、庄内川流域(名古屋市中川区、春日井市)、天白川流域(名古屋市天白区・南区・緑区など)、境川・逢妻川流域(大府市・知立市・刈谷市・知多郡東浦町など)、名古屋市周辺で多数の浸水被害が生じた。

岐阜県では矢作川流域を中心とした恵南地域に多大な被害が出たため、この豪雨に関して岐阜県内に限っては恵南豪雨とも呼ばれる。この地域では家屋が壊れたり流されたりする深刻な被害が出た。しかしマスコミ報道では、比較的被害の軽かった名古屋市周辺の報道が集中し、取り上げられることはほとんど無かった。

期間降水量は、三重県多気郡宮川村(現・大台町)で1,090ミリとなったほか、四国から東海地方で800~1,000ミリに達した。大雨は静岡県、山梨県にも及び、これらの広い地域で2日間の合計降水量が200~400ミリとなったところがあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です