北海道札幌市の日新堂印刷株式会社さん

3年前か。
私の名刺、何版になっているだろう。
坂本ゼミに入学する前から阿部社長はFacebookの友達だった。
冬に点字名刺を作る施設を訪問した。
横浜市の障がい者が作ったショコラボのチョコレートを50個くらい持って言った。
そこで、代表者の方からダメだと思った障がい者だけを好きなことをやってと言ったら、能力、脳力を発揮して、何人かが普通の会社で仕事をすると聞いた。参考になれば幸いです。私の担当は佐藤さんと大久保さん、最新の名刺、佐藤さんから予期せぬ提案があった、
阿部社長と来月、再開できる^_^
阿部社長は46歳、私は64歳。

3年前の投稿。
坂本光司研究室のブログ。金曜日担当の修士1年の知野 進一郎です。

坂本研究室の有志で8月初旬に北海道札幌市の日新堂印刷株式会社さんへ訪問しました。
同社は名刺に特化しています。HPがしっかりしており、札幌だけでなく全国から注文がきています。

会社に入った時から社員に優しい会社と分かりました。阿部社長は札幌経済をひっぱる43歳の若き経営者でマスコミへの登場も多くなっています。HPにはお客様の声もいっぱいあります。会社だけでなく個人・プライベ-トの名刺も多くなっています。名刺の素材を含めたくさんの種類がありますので選択する楽しさがあります。写真のように、社長、社員の皆様が伸び伸び仕事を楽しんで、みんな好きな名刺を創っています。HPを見て分からなければお気軽に電話をしてください。

ポイントはエコ名刺と点字名刺。
アフリカ(ザンビア)のバナナペーパー名刺。バナナの皮を加工して名刺の原料にしているのでアフリカの方々の収入になり生活の糧になるんです。もう一つ、バナナが原料ですので、地球上の木の伐採を無くすことができます。
点字は、視覚障がい者の雇用を促進することができます。
また、エコ名刺の印刷費の1%が環境団体へ寄付されます。

値段は少し高いけれど、「人との出会いが楽しくなる名刺」です。
名刺を渡した時に、「バナナ名刺」や「点字名刺」について、意義を話して輪を広げられます。

坂本先生とゼミ生を見送って札幌、函館と2泊しました。坂本研究室では人に優しい企業を訪問していますが、北海道の方々の人としての温かさも感じました。本州から北海道に渡った方々が苦労して2代目・3代目の時代へ入っています。少し会話をすると先代の方の出身地の話になります。北海道大好き!

類似する会社があります。
日新堂印刷株式会社さん、札幌市豊平区平岸6条12丁目11-2、
電話0120-389-636、011-837-9636
名刺アドバイザー/代表取締役 阿部 晋也さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です