72年間のツケは大きい

もし、我が国が核兵器を持っていたら。
核兵器禁止条約は批准すべきではないか。
72年間、甘かった日本人。

池間 哲郎先生の昨日の投稿。

空襲警報無関係
 北朝鮮のミサイルが我が国の上空を横切る。「空襲警報」が鳴り響くも同胞の多くは「どこ吹く風」だった。

 戦後72年間のツケは非常に大きい。経済だけに力を注ぎ、最も大事な「自分の国は自分で守る」との、我が国以外では当たり前の事を忘れてしまった。

アメリカ様が守ってくれるのが当然だと思っているのかも。他国の青年達が命をかけて日本を守ってくれる。そんな事は有り得ない。

 誰しも平和を望む。戦(いくさ)を願うは一部を除いて居ないだろう。残念ながら戦争の無い世の中は歴史上、存在しない。危機感を持たず平和ボケした民が暮らす国家の存続は難しい。これも歴史が証明している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です