創造的革新の時代へ。

日本の卓球、男女とも、創造的革新の時代へ。

次元が違った。

14歳の中学生の張本が28歳の水谷の10度目の優勝をあっさりさらった。

中国を上回る選手かも。
恐ろしい中学生だ。

水谷に憧れた。

17歳同士の伊藤も抜けていた。
去年の悔しさが糧になったようだが、圧倒的強さだ。

彼、彼女の頭の中は創造的革新か。

伊藤と破れた平野のも愛ちゃんがあこがれだった。

2020年、東京オリンピックが若者の刺激になっているようだ。

今日はオーストリアのメルボルンで大坂みなみも第1シードを破るだろう。

試合開始は、日本時間の本日、15時以降から。

強いものが出てきてもさらに上回る。

人類はその歴史の繰り返し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です