坂本教授の最初の投稿だ。

経営の目的、使命は、関連するすべての人々の永遠の幸せを追求、実現をすること。
中でも社員とその家族は最優先だ。

2008年4月1日に法政大学大学院 政策創造研究科が設立され、坂本光司研究室、ゼミもスタートした。
5月23日からは、法政大学大学院 政策創造研究科 坂本光司研究室のブログ、ヤプログもスタートして、一日も欠かさず続いている。
設立日には、坂本教授の日本でいちばん大切にしたい会社、1が発売された。半年間は、静かだったが、口コミやネットで話題になった。
坂本教授も5月26日から毎週、投稿している。現在は、月曜日に自らの今週の予定を紹介している。

坂本教授の最初の投稿だ。

本年4月、法政大学大学院にもう1つの研究科が開設されました。

その研究科は、「政策創造研究科」という修士と博士を合わせ、

定員50名(1学年)の研究科です。

 開設の趣旨は、格差問題が大きくクローズアップされている時代背景の中で、

地域再生・組織再生・企業再生そして人材再生の中核的担い手の養成と支援です。

 講義時間は、社会人学生の利便性を考慮し、平日夜間と土曜日の一日中です。

1期生は修士・博士を合わせ、約50名、年齢は20歳代から60歳代、

職業も現職の経営者から幹部社員・公務員・地域づくり実践者そして起業志向家等様々です。

 「企画・演出型リーダー」「現場派リーダー」たらんと考えている社会人の入学・科目履修をお勧めします。 

         坂本光司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です