日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

著者:坂本 光司 (著)
価格: ¥ 1,470 (税込)

【教授からのコメント】
 本書の第1部で、私は「会社経営とは『5人に対する使命と責任』を果たすための活動」であるとして、経営の目的を以下の5つに定めています。
1 社員とその家族を幸せにする
2 外注先・下請企業の社員を幸せにする
3 顧客を幸せにする
4 地域社会を幸せに、活性化させる
5 株主を幸せにする
 多くの経営書では、会社は株主のものである、と書いています。また、「会社は誰のものか」という議論では「株主のもの」という考えが支配的で、経営の目的も「顧客満足」とか「株主価値の最大化」などということが当然のようにいわれます。
 しかし、私は、会社は顧客のためのものでも、まして株主のためのものでもない、と思います。社員が喜びを感じ、幸福になれて初めて顧客に喜びを提供することができる。顧客に喜びを提供できて初めて収益が上がり、株主を幸福にすることができる。だから株主の幸せは目的ではなく結果である――これが私の考えです。
 第2部で、この点を実証する「日本でいちばん大切にしたい会社」を紹介します。
 本書を通して、働くことの意味、会社という存在の意味を、考えていただければ幸いです。

(Nasu)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です